妊娠中のダイエットで気を付けたい事

YOU86_ninpusan-thumb-1000xauto-16106

様々な妊娠中のダイエット障害

妊娠中のダイエットについて妊娠中に肥満になると、身体的な問題が発生する可能性があると言われています。

 

特につわり後のストレスと急激な体重変化は要注意!

お腹の子供の為にしっかり栄養を取ることが必要だと思われがちですが、実際は体重のコントロールをしっかりする必要があります。

自己管理を怠って体重が増えてしまうと、妊娠高血圧症候群や糖尿病、腰痛などの病気のリスクが高くなってしまいます。

 

妊娠中に肥満になると母体にも、お腹の赤ちゃんにもよくありませんが、そのほかにも妊娠中の肥満は妊娠線が出来る要因になったりもしますし、妊娠線は出来たら一生消えません!

これが一番精神的にきついと思います。

 

産婦人科でも、妊娠中の体重に注意をはらっているところも多く、太りすぎると担当の医師から注意を促されます。

ダイエットを意識して、肥満対策を心がけなが妊娠中を過ごしている女性もいますが、妊娠中のダイエットのやりすぎは論外です。

無理なダイエットをおこなわずとも産後にしっかりと計画を立ててダイエットしましょう!

 

 

どうしても体重が気になる場合は!?

カロリー摂取量を少なくしすぎず、体に必要な栄養は確保するようにしましょう。

 

栄養バランスの取れた食生活、規則正しい生活習慣、適度な運動が、妊娠中の体重制限には必要となってきます。

 

特に葉酸の栄養素が多く含まれる緑黄色野菜(ビタミンB)の野菜を積極的に取り入れて、カロリーのあまり高くない和食を心がけることが理想的な食事内容です。

 

肉料理より、魚料理を多くしたり、鍋ものにして野菜をたくさん食べられる工夫をしてみるなども、効果があるといいます。

 

健康状態を第一に考えて、過度なダイエットはしないように注意をしながらダイエットをすることが、妊娠中では前提となっています。

妊娠中の食事は、カロリーが多すぎないように注意をしながら、バランスよく栄養を補給していきましょう。

コメントを残す