妊娠中に体重管理で絶対に気を付けておきたい事?

Pregnant woman sitting in bedroom with glass of water smiling

一昔前の妊婦さんはお腹の赤ちゃんの分まで食べろと言われていましたが、現代の妊婦さんは事情が変わってきています。

 

妊娠から出産まで、どのように体重が増えていくことが望ましいかが、産院で細かくチェックされていますし、医師からも体重管理は徹底的に厳しく言われていると思います。

 

妊娠中であったとしても体重が増えすぎてしまって、体重制限をしなければならない人も少なくありません。

 

妊娠中は定期健診を受けに行く必要がありますが、その時にあまりにも体重が増えすぎていると体重管理の必要が出ます。

 

妊娠初期の時はつわりがひどく、食べたくても食事がのどを通らない時期が続きますし、やっとそれが終わって安定期になると食事に対する意欲が高まります

 

安定期に入ったら、急激に食欲が高まって、常に食事がしたくなるという人もいます。

 

お腹の赤ちゃんのためには、あまり極端な食事制限は禁物ですし、急激な食事での妊娠線の予防にも効果があるので後で後悔したくない場合は必ず意識をするようにしましょう。

 

難しい妊娠中の体重管理の方法

しかし、妊娠中の体重管理の方法は慎重に選択する必要があります。

 

食事による栄養摂取が妊娠中に滞ると、生まれた子供が低体重児になってしまうこともあります。

 

絶対避けて欲しいのが、プロテイン系や脂肪燃焼系のドリンクやサプリメントを利用したダイエットです。

サプリメントの中には妊娠中の使用を禁じているものがありますが、そういったものには胎児によくない成分が含まれています。

 

しかし、妊娠中には必須の葉酸を効果的に摂取するために葉酸のサプリメントを飲む人がいますが、無添加のもので妊娠中に必要なものであれば大丈夫です。

 

酵素ドリンクを使う人もいますが、極端な食事制限をしていなければ利用できます。

 

妊娠中のダイエットに酵素ドリンクを用いる場合は、できるだけ添加物が配合されていないもを、規定量だけを飲むというスタイルが基本です。

コメントを残す