年末の大掃除でスッキリあなたもミニマ二スト(^^♪

18412789845_8cc0c7664e_z

まずは不要なものをスッキリ処分!捨てるときのマインド

捨てようか迷ったときに「これを捨てたら二度と手に入らないか?」と考えてみて下さい。

 

実際にやってみると分かりますが、二度と手に入らないものというのは多くありません。

 

本や服、雑貨などはまた買うことができますし、全く同じものが手に入らないとしても、おそらくもっとこれからステップアップした自分に合った良いものに巡り合えるはずです。

 

 

捨てるときの勘違いマインド

「いつか何かに使えそう」と思って捨てられずにいるものはありませんか?

 

しかし、何かに使えるかなと考えて、そのときに使う方法が見つからなければ、その先も使うことはないと思っていいと思います。

 

「いつか使えるだろう」と思ったものの、しばらくそのままになっているものがあったら、思い切って捨ててしまいましょう。

 

整理整頓・収納の簡単な方法とポイント

物の住所を決める

いつも部屋が散らかってしまうのは、物の置き場所が決まっていない場合がほとんど…

そんな方は物に住所をつけて帰る場所を確保してあげましょう。

自分にとって大切なものから住所を決めていき、溢れてしまったものは捨てるなり売るなり、処分することを考えてみましょう。

 

収納は下手なくらいでいい! あまりきちんとしない方が得なわけは!?

片づけ本などではよく、収納方法が紹介されていますよね。

しかし収納が上手くなりすぎると物が増えてしまう可能性がありますし、とくに100円ショップで売られている収納かごなどはお得だからといって目的もなく買ってしまうと、「そこに入れる何か」を探して物が増えてしまったり、結局入れるものがなくて邪魔になってしまったりする可能性が高いのです。

 

まとめ

収納グッズを買うときは入れる物を決めて、その物が入るだけの大きさの物を買うようにしてみましょう。

 

整理が目的とはいえど後々無駄になりうるものを買う必要はありません。

コメントを残す