しみ、くすみのレーザー治療の美容技術は本当にすごい!?

8388025411_bae77ddb7c_z.jpg

 

多くの女性の肌の悩み、それはズバリシミ・くすみでしょう。

 

今は専用のクリームだったり、家庭用美顔器であったりと幅広くしみ、くすみに対応できる対処法があります。

なかでも、高額な値段で敬遠されがちなのが医療レーザーです。

 

しかし、その技術がいま、本当にすごいんですΣ(・□・;)

 

しみとくすみのQ&A

シミを取るのに知っておくべきことは?

icon-finger1-bシミには種類があること

医学的にはさまざまなタイプのシミがあり、治療法も異なります。

 

いわゆる日焼けによる一般的なシミには有効な治療も、肝斑には悪化の原因になることも。1種類だけという人は少なく、複数のシミが混在している場合がほとんどです。ドクターの見極めが非常に重要です

 

シミ取り=レーザー治療?

icon-finger1-b根本治療はレーザーですが、光治療、内服薬、外用薬の組み合わせで行われます

代表的なレーザーマシンは以下の3種です。全国的にどこの美容皮膚科にも揃っていますが、シミ治療でもっとも求められることは、ドクターの見立てだと思います

 

レーザーをぱちぱち当てたら赤みが出ますか?

icon-finger1-b出た場合でも数時間以内に鎮静します

 

紫外線の強い夏のシミ取りは避けるべき?

icon-finger1-bベストシーズンは冬です。

レーザー照射後の肌は、極めて紫外線ダメージを受けやすいので、紫外線が弱い冬の時期のほうがベター。ただ専用のテープで保護しますし、UVカットを徹底できるのであれば、冬以外でも基本的には問題ありません

 

かさぶたはイヤ。ダウンタイムなしで薄くしたい

icon-finger1-b光治療の出番です

光治療の代表がフォトフェイシャルです。回数をかけてゆるやかに治療していきます。顔全体に照射することができるので、トーンアップも叶います。ただしレーザーと違いシミは1回では取れません。4〜5回が目安です

 

レーザーでのシミ取り効果は半永久的?

icon-finger1-bYESとは言いきれません

永遠にシミは生成されてしまうもの。自分でひとまずここまでというゴールを定めることが必要だと思いますし、長年あるシミや根深いシミは、レーザーで一度消えても、また出てきてしまう可能性はあります。

コメントを残す