食前にひと工夫で、鈍ったお正月太り対策をしよう!

9252053724_be20e2d4c6_z

飲んで食べるお正月休みは、とても楽しく有意義な時間ですね。

でも思い出はともかく、脂肪はあとに残したくないのが本音。

 

「あ~やっちゃった〜」とならないようにする必要がありますね!

「お正月休みは、ダイエットはお休み!」と割り切ってしまわず、ひと工夫してみませんか? 「昆布茶」・「ヨーグルト」・「野菜ジュース」を“食前に”飲むことで、脂肪の蓄積を抑える効果が期待できるのです!

 

糖や脂肪の吸収を穏やかにする「昆布茶」

「アルギン酸」や「フコイダン」などの昆布のヌメリ成分は、腸内で糖や脂肪の吸収を穏やかにする働きのある「水溶性食物繊維」の仲間。余分な糖は、脂肪細胞に取り込まれ脂肪として蓄積するだけでなく、タンパク質と結合してお顏のクスミやタルミの一因となる「糖化」の原因にもなります。ですから、糖の吸収を穏やかにすることは、ダイエットにも美肌にも大切!

また、昆布の色素成分「フコキサンチン」は、脂肪の燃焼を促す働きがあり、ダイエット中ならなおさら摂りたい成分です。 市販の昆布茶は、糖類が添加されている場合もありますから、昆布を煮出して昆布粉末と梅干しに熱湯を注いで作ると理想的です。

 

糖の吸収を長時間穏やかにする「ヨーグルト」

乳製品には、糖の吸収を穏やかにする働きがあることがわかっています。とくに、とろみがあり、胃に長く留まるヨーグルトにその効果が高いそうですから、食前にヨーグルトドリンクやヨーグルトを摂ってみて!

 

血糖値の上昇を抑える「野菜ジュース」

野菜ジュースにも、食後の血糖値の上昇を穏やかにする働きがあるそうです。野菜ジュースには、おせち料理だけでは不足しがちな食物繊維・ビタミン・ミネラル・ポリフェノールも含まれていて、美腸美肌サポートにもなります。食前30分前が一番効果が高いそうですから、チャレンジしてみて!

お仕事初め、お洋服がキツイ!……なんてことにならないように、ご紹介したドリンクを食前に飲んで、お正月休みも「食べてキレイ」を心がけましょう♪

コメントを残す