妊婦の冬の乾燥対策、特にお腹周りの妊娠線予防を徹底しよう!

WS000000

ただでさえ辛い冬の乾燥…特に妊婦さんには注意が必要な部分があります。

 

それは、お腹周りの部分です。

 

もう妊婦さんならご存知と思いますが、妊娠線が出来やすいということですね。

 

現在の妊婦さんに妊娠線ができる確率は約半数以上ともいわれていて、10代の妊婦さんは確率が少なくなり、初めての妊娠が26歳以降だと90%近くになるという調査結果ももあります。

 

出来たら一生消えない妊娠線は、最近は情報も多くなってるので、きちんとケアをして妊娠線が防ぐことができたという妊婦さんも増えてきてるようです。

 

そんな妊娠線を予防する方法や出来てしまった妊娠線を薄くする方法を助産婦の視点から簡潔にまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

まず、妊娠線ができる原因とは!?

 

急激な体重増加

急激にお腹が大きくなることで皮膚がむりやり伸ばされ、表面に裂けたような線ができて血管が透けて見えてしまうのが妊娠線です。一般的には妊娠5~7ヶ月のお腹が大きくなり始めるころからできやすくなります。妊娠線ができる前兆としてカサつきや痒みがでるという人が多いようですね。お腹はもちろんのことお尻や太もも、時にはバストにもできてしまうので注意が必要です。

 

女性ホルモンの影響

妊娠中はコルチコステロイドというホルモンの分泌が増加するんですが、この影響でお肌の生まれ変わりが鈍ったり、コラーゲンの生成まで抑えられてしまうようなんです。こうなってしまうとお肌は弾力を失ってしまうので、妊娠中はいつも以上に妊娠線ができやすくなってしまっているんです。

 

一度出来ると消えないが薄くすることは可能

血管が透けてるので妊娠中は赤っぽく見えるのですが、出産後は白っぽいしわのような跡になります。そしてこの跡は一度できてしまうと完全には治りません。ただし、きちんとケアをすることで薄く目立たなくすることはできます。

 

妊娠線が出来やすい体質もある

妊娠線ができるかどうかは皮膚の質によってかなり変わるようですね。顎の下をひっぱってみて皮膚があまり伸びない人はできやすいとか。つまり皮膚が固い人はできやすいみたいです。一般的には筋肉量が少なくて皮下脂肪が厚い人や、乾燥肌の人ができやすいとされています。

 

妊娠線を予防ケアややるべきこと

妊娠線ができるかは様々な要素によってかなり変わるようなので「こうすれば完全に防げる!」というのは難しそうですが、必要なケアをするだけでかなり変わりますし、仮に出来たとしても薄く出来たり後悔はすくないように思えます。

 

とにもかくにも保湿が大事

とにかくクリームやオイルを塗りたくりましょう。クリームだけだと保湿にはなるけど水分は補給できないので、顔みたいに化粧水をつけてからクリームを塗るのが大切。妊娠線予防専用の高いクリームなんかも出てますが、保湿さえできれば何でも良いので安いもので十分です。保湿に効果絶大なワセリンについてリンク先でまとめてるのでそちらもどうぞ。

 

急激な体重増加を防ぐための管理

妊娠中は母子の健康のためにも10キロ以上の体重増加は避けた方が良いとされてます。医師の体重指導に従いながら、ヨガやウォーキングなどの適度な運動で適正な体重をキープしましょう。できてしまった妊娠線も痩せれば目立たなくなりますよ。また、妊娠線は皮下脂肪が割れることで出来るので筋肉をつけておけば防げるという話もあります。ちなみに筋肉は割れることはありません。

 

体内に取り入れるものも大事

皮膚の潤いを保つためにはビタミンCとコラーゲンが必要不可欠なんですが、妊娠中はホルモンの影響やお腹の赤ちゃんがビタミンCとコラーゲンを大量に消費してしまうので、どうしても皮膚が潤いをなくして妊娠線ができてしまうみたいです。なので鶏皮や牛筋などでコラーゲンを摂り、フルーツもしっかり食べてビタミンCを摂取しておきましょう。

 

先輩ママたちの妊娠線体験談もチェック!

やはり、妊娠線での苦悩は直接体験した先輩ママさんに聞くのが一番です♪

私、普通か少し痩せてるぐらいの体型で20キロ太ったけど、しっかりたっぷりクリームを付けてたら妊娠線できなかったよ!母と姉は妊娠線たっぷりだから、出来ないように金銭的にも頑張った。

 

私は妊娠中とにかく全身にクリーム塗りまくりました!高い奴ではなく安いやつで大丈夫です!トイレ行ってお腹だしたら塗る!お風呂上がりベタベタ塗る!これやると妊娠線できませんよ!

 

毎日クリーム塗って9ヶ月まで全然出なかったから塗りたくったかいがあった!と喜んだのもつかの間どんだけ塗ろうが最後の追い上げがやばかった(/ _ ; )今はスイカのようです…

ちなみに私が色々試した妊娠線予防クリームではベルタマザークリームの効果が一番良かったですね♪

 

妊娠線は下腹部注意!出来てないなーと思っていたら、鏡を見てびっくり!膨らんでいて見えなかった部分にいっぱい出来てしまいました…。

 

みなさんのおっしゃる通り保湿が大事ですが、お風呂でスクラブなどを使って妊娠線の部分の角質を柔らかくしてから保湿することが一番効果的とのことで、毎日頑張ってケアしてました!結果、妊娠線が消えることはまずありませんが、かなり薄くなりました!よーく見なきゃ目立たないくらいにはなりました(^^)

皆さんの様々な体験談、しっかりとしたケアを行えば妊娠線は怖くありません!

ちなみに管理人の私の妊娠線オイルは大好きな無印良品のアーモンドオイルでしたよ♪

コメントを残す