2016年注目の南米産スーパーフードとは!?

6306683327_7c752315cf_b

2015年はスーパーフードに始まり、スーパーフードに終わると言っても過言ではないぐらいメディアでも様々ななスーパーフードが世間をにぎわせていましたね♪

 

そこで改めて「スーパーフード」とは何なのか?また2016に流行るかもしれない、まだまだあまり知らないスーパーフードをご紹介(^^♪

 

スーパーフードとは?

「スーパーフード」の始まりは、1980年代頃のアメリカやカナダで、食事療法を研究する医師や専門家の間で、有効成分が突出して多く含まれている食品に対して「スーパーフード」と呼ばれるようになりました。

また、一般社団法人 日本スーパーフード協会では、「スーパーフードの定義」というものもあるようです。

・栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品であること。
あるいは、ある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食品であること。
・一般的な食品とサプリメントの中間にくるような存在で、料理の食材としての用途と健康食品としての用途をあわせもつ。

 

ただし、こちらもあくまでも一般社団法人 日本スーパーフード協会の定義にはなりますので、明確な定義ではないので、提唱者によって提示される食品などには、結構ばらつきも多くみられます。

 

2015年に美容業界をにぎわせたスーパーフード

・ココナッツオイル
飽和脂肪酸の中鎖脂肪酸を多く含み、オイルでも酸化しにくく、コレステロールもトランス脂肪酸も含まれていない、健康オイルで、抗酸化効果、便秘改善、代謝UP効果、アルツハイマー改善効果、オイルプリングなどに効果的です。

・チアシード
シソ科アルビア属ミントの1種。
食物繊維、αリノレン酸、タンパク質を豊富に含み、満腹感が得られ、血糖値の上昇抑制効果などの効果があります。

・キヌア
ヒユ科アカザ亜科アカザ属の植物。
サポニンや女性ホルモン様作用のフィトエストロゲン、食物繊維、天然のビタミンB群を多く含み、ダイエット効果や女性ホルモン様作用、便秘の改善など女性に嬉しい効果がたくさんみられます。

・マキベリー
ホルトノキ科の植物。
インカ帝国の時代から、力の源とされ、ビタミン、ミネラル、ポリフェノールが豊富で、高い抗酸化力やエイジングケアなどの美肌効果も期待できます。

 

2016年注目の南米産の「スーパーフード」

・カムカム
フトモモ科の植物。天然ビタミンCが豊富に含まれ、高い抗酸化効果が期待されています。

・ゴールデンベリー
ナス科ホオズキ属の果実。インカ帝国時代から愛用され、「インカベリー」とも呼ばれている。食物繊維やビタミンA、ビタミンC、鉄分などをバランス良く含む高機能な果実です。

・マカ
アブラナ科の植物。タンパク質、鉄や銅、亜鉛などのミネラル、ポリフェノールなどを多く含んでいます。男性には、男性機能の向上、女性では、更年期障害の改善などが期待されています。

・紫トウモロコシ
その名も通り、紫色をしたトウモロコシのことで、ポリフェノールの1種のアントシアニンがとても豊富で、脂肪細胞が増大するのは抑制したり、肥満を抑える効果などダイエットにとても期待できるトウモロコシです。

・サチャインチ
トウダイグサ科の植物。種子の中に、白いナッツがはいっており、「インカのピーナッツ」ともいわれています。
ビタミンE、必須アミノ酸、αリノレン酸、オレイン酸などを豊富に含み、エイジング効果、抗酸化効果などが期待できます。

・ピタヤ
ピタヤとは、ドラゴンフルーツのことです。食物繊維、ビタミンB群(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン)、ビタミンC、ビタミンEをとても豊富に含んでいます。
整腸効果や美肌に効果も期待でき、さらには、カリウム、マグネシウム、鉄分などのミネラル分も豊富に含んでいるために、むくみにも効果的です。

 

どれがどのような形で火が付くのかは中々予測はつきませんが、一部の海外セレブの間ではすでに注目されているものばかりです。

気になるあなたも是非チェックしてみてはいかがでしょうか!?

コメントを残す