体臭改善は生活習慣を見直すこと!

11529156184_3fe1950469_z

汗の臭いや口臭など、普段の生活で自分では感じにくいけどふとした時に気づかされる「臭い」は悩みのもとだったりしますよね。

そんな気になるカラダの臭いを香水やタブレットなどでカバーする方も多くいますが、できることなら別の匂いでごまかすのではなく、自分自身から発するニオイそのものを改善したいと思いませんか?

 

外の外部から刺激を抑えるのではなく、体内から臭いを抑える=生活習慣の見直しが予防に繋がるのです。

 

そんな体臭予防法をご紹介します!

 

代謝を上げて良質な汗をかく

気になる体臭を、体を清潔に保つことや、コロンや香水でカバーしている方が多いと思いますが、汗の質を変えることでも体臭予防ができますよ。
“汗をかく=臭い”と思っている方が多いと思いますが、実は良質な汗をかくことは体臭予防にも繋がるのです。
汗の質は血液の濃度と関係しており、徐々に汗をかく有酸素運動行うと、良質なサラサラの汗が出るとされています。このサラサラな汗は、臭わず体臭も予防してくれます。
また、この良質な汗はドロドロの汗をかいたときと比べ、ダイエットに必要なミネラルの排出を最小限に止めてくれるため、代謝もアップしてくれます。
不規則な生活や運動不足、塩分の取りすぎなどもドロドロ汗の原因になるので、健康的な生活を心がけ、有酸素運動して、良質な汗をかいていきましょう。

 

腸内フローラを整える食生活

最近の研究結果では腸の動きも体臭と関係していることが大々的に取り上げられるようになってきました。

 

腸が正常に動いていないと腸の中で細菌が発生してしまうことがあり、この細菌が食物を発酵分解してニオイ物質を発生させます。
このニオイ物質が水分と共に体に吸収されると、汗や口臭などの体臭の原因になってしまうのです。
そうならないためには、乳酸菌・オリゴ糖・食物繊維を含む食べ物をしっかり摂ることが大切です。逆にお肉を食べ過ぎると悪玉菌を増やす原因にもなりますので、バランスのよい食事を心がけましょう。
腸内の環境を整えれば、体臭の予防だけでなく美肌やダイエットにも繋がるので、是非とも腸内美人を目指してくださいね。

 

副交感神経を優位にする生活習慣の改善、見直し

「自立神経」と「副交感神経」という言葉は、ときどき耳にすることがあるかと思いますが、その意味について詳しくは知らないという方が多いのではないでしょうか。
実は、体臭にはこの自立神経も関係しています。ストレスがたまると自律神経のバランスが崩れてしまい体臭の原因になってしまうのです。
リラックスした状態になると、自立神経を構成している神経の副交感神経が優位になります。つまり、副交感神経が上手く働いていれば自律神経のバランスも整い、結果ストレスによる体臭も起きにくくなるのです。
副交感神経を優位にするためには、休息をとることが大切です。ストレス体臭を発生させないためにも、リラックスする時間を作って、副交感神経を優位にできる生活を心がけましょう。
慌ただしく毎日が過ぎていく中で、適度な運動やバランスのとれた食事、リラックスする時間を確保するのは難しいかもしれません。しかし、体臭は自分自身では気付きにくいものだからこそ、日々の心掛けでケアしていくことが大切なのです。

いかがでしたか!? 臭いは生活習慣の見直しで何とでもなりますし、家族の臭いがきつければ全員で生活習慣の見直しを図ってみましょう。

コメントを残す