紫外線に注意!? 赤ちゃんのUVケアしてますか!?

WS000006

新生児の肌は、肌に対する刺激の経験値が少ない為、新たなほんの少しの刺激にも敏感に反応します。大人の肌ならばたいした刺激にならないことも、新生児の肌には大きなダメージを与えることがあります。またそれは蓄積していきます。

ただ、そんな無防備な肌を守るために新生児の肌には、白い胎脂(たいし)が付いています。

しかし沐浴をしていくうちに胎脂は落ちていき、新生児の肌のガードが徐々に減っていきます。胎脂が減る頃に、産院から退院することが多いので、紫外線の強い春から秋の初めにかけてはきちんとママのケアが必要になります。

新生児が紫外線を浴び過ぎるとどうなるか

以前は小麦色に日焼けした子どもは元気に遊んでいる証拠と言われていましたが、最近はそれに加えて、小麦色に日焼けしている時は皮膚の細胞が傷付いているかもしれない、という見方があります。

新生児の肌は人生の中でも一番敏感ですから、最も皮膚や皮膚細胞が傷つく恐れのある状態です。新生児が紫外線を浴び過ぎると、肌が傷つくだけではなく皮膚細胞までダメージを受けてしまうのです。

新生児は髪の少ない状態(個人差はありますが)で生まれる場合もあるので、頭皮にも紫外線があたりやすい特徴があります。紫外線は皮膚だけではありません。直接紫外線を浴び続けると、白内障といった目の病気にもかかりやすくなりますのでしっかりと理解して注意してあげることが大切になります。

 

新生児の紫外線予防はどうする?

新生児は最初は日光浴程度で、一般的に長時間のお散歩はしません。生後1ヶ月をめどにどんどん外出機会も増えていきます。

その為、新生児は紫外線にあたる時がないだろうと思われがちですが、窓際でのお昼寝や様々な時に紫外線を浴びている可能性があります。

室内にいても、天気が良いからとカーテンを開けていれば日ざしは赤ちゃんに直接あたるし、太陽が高く昇っている時間帯にずっと日なたに寝かせておくことも、紫外線を浴びる可能性を高くしてしまいます。これらもビタミンDを形成するにはいいのですが、やはり、適度なバランスをもって赤ちゃんのことを考えてやるのがいいでしょう。

おすすめのUV対策→アロベビーのUV効果を口コミしてみた!

 

コメントを残す