乳児湿疹の特徴と赤ちゃんの健康管理について

6845812525_897c6666dd_b

乳児湿疹は赤ちゃんの肌に生じる疾患の一種で、あせもやおむつによるかぶれ、更には特定の疾患の症状として現れます。乳児湿疹は成人の体に出来る湿疹と同様に患部に赤く腫れたできものが大量に発生し、痒みを感じるのが特徴です。痒みは赤ちゃんの睡眠を阻害し、不快感によるストレス増加を引き起こすので速やかに適切な治療を受けさせる必要があります。
乳児湿疹の発症は日頃から赤ちゃんの肌を清潔に保ち、刺激を与えないようにすることで防ぐことが出来ます。また、薬剤を投与する際は必ず医師の指導を受け、用法や用量を厳守することも綺麗な肌を保つ条件です。

赤ちゃんがかかる乳児湿疹には様々な原因があります。あせもの場合は、未発達の汗腺に汗が溜まり表皮ブドウ球菌の増殖により症状が現れます。これを防ぐには汗をかいているかこまめにチェックして、すぐに着替えさせることです。食物アレルギーによる湿疹の場合は、アレルギーの原因となる食品を口にすることにより症状が現れます。ケア方法はまずアレルギー検査を受けて原因となる食品を特定することです。あとは専門家の指示を仰ぎ、日々の食生活を見直しましょう。

オススメの売れまくっているオーガニックコスメはこちらでチェック!→アロベビー ミルクローションで検索

コメントを残す