たるみ毛穴はなぜ出来る!? 生活習慣とスキンケアの見直しを考えよう!

image-14dd

夏場は紫外線やエアコンの影響、冬は大気の湿度の低下や寒さによる刺激などの影響で特に肌が乾燥しがちになります。年齢肌の保湿ケアは、1年を通して必要なものとなってきています。少しでも保湿を怠ると「皮脂毛穴」や「乾燥毛穴」など、毛穴の様々なトラブルに見舞われます。肌のたるみによって起こる「たるみ毛穴」もそのうちのひとつです。
乾燥することでなぜたるみを引き起こしてしまうのか、たるんでしまった毛穴はどうやってケアしていけばいいのかをここの記事ではご紹介していきます!

たるみ毛穴の原因

たるみ毛穴は主に小鼻の脇から頬にかけて多くみられる、しずく形に垂れ下がった毛穴のことをいいます。たるみ毛穴の原因は加齢や水分不足により肌がたるむことです。皮膚を支えている真皮層の主要な成分であるコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸が加齢により減少し皮膚の土台がゆるみ、毛穴周辺を支える力がなくなってしまったため毛穴が垂れ下がって広がってしまった状態です。主な原因として大別すると下記のあげる項目があります。

・コラーゲンの減少
紫外線による障害、フリーラジカルによるサビと加齢に伴いこのコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などがどんどん減少してしまうため真皮層が緩み、水分保持能が劣化して肌表面のハリもなくなります。

更に重力のせいで毛穴がさがり、楕円形になってしまうのが「たるみ毛穴」の大きな原因なんです。

・欧米食中心の食環境
外食や野菜不足の食環境に陥る方は皮脂の分泌量が多くります。そうすると毛穴が押し広げられるため開いて目立ってしまいますし、角栓詰まりが起きやすい分、 毛穴が押し広げられたるみ毛穴につながります。

・睡眠不足
劣悪な睡眠環境や生活習慣の乱れで満足のいく睡眠ができていないと、成長ホルモンがしっかり分泌されず、肌のターンオーバーなどが狂い、肌弾力を失って「たるみ毛穴」になりがちです。

こうした様々な要因で生まれるたるみ毛穴は進行するとそれらが連なって、やがてシワになっていきます。たるみ毛穴が目立ってくる前に進行しないよう適切なスキンケアを早めにおこない予防していきましょう。

たるみ毛穴の改善方法

ここまででたるみ毛穴の主な原因はコラーゲンの減少が起因しているというのは理解していただけたと思います。なのでとにかく肌のコラーゲンを増やすことが大切です。ご存知の方も多いでしょうが、コラーゲンは食事から摂取しても肌のコラーゲンにはなりません。口から摂取したコラーゲンは体内でアミノ酸に分解されコラーゲンという形ではなくなってしまいます。肌のコラーゲンを増やすためには日頃のスキンケアが最重要になってきます。また「百害あって一利なし」の日焼けは肌のハリや弾力を低下させ、たるみ毛穴の原因となりますので、一年中いつでも日焼け止めなどで紫外線対策をするようにしましょう。

・傷んだ細胞を修復して、真皮層の水分を補うレチノール、ビタミンC誘導体を配合した化粧品
たるみ毛穴を対策するためには、加齢や紫外線の影響などで減少したコラーゲンを増やすサポート作用のある成分が配合された化粧品を取り入れるといいでしょう。真皮層には水分保持を担うヒアルロン酸、そしてそれを支える役目としてコラーゲンやエラスチンが繊維状に張り巡らされています。ここが大切なポイントなのですが、真皮層のコラーゲンやヒアルロン酸の水分を補うためには、基礎化粧品による保湿ケアでは不十分であります。

・抗酸化作用が豊富な野菜類を摂取
外側からのスキンケアだけではなく、内側からのケアも大切になります。まずは肉や魚などのタンパク質と抗酸化作用が豊富な緑黄色野菜をとること。タンパク質は体内でアミノ酸に分解され、野菜からも抗酸化ビタミンが同時に取り込まれることで、真皮層のコラーゲンを作る原料になります。野菜でのおすすめはビタミンAが多く含まれるにんじん、かぼちゃ、ほうれんそうなどの緑黄色野菜、ビタミンCが多く含まれるパプリカ、ブロッコリー、ゴーヤなどあおすすめです。できるだけ外食に頼らず自宅での食習慣を心掛けましょう。

・セラミドやヒアルロン酸を取り入れた保湿
特に帯状毛穴によって小ジワのような状態が目立つ方には、角質層の潤いを逃がさない働きをする「セラミド」と「ヒアルロン酸」を取り入れた保湿ケアです。角質層の潤いを満たし、キメを整えることで小ジワの予防ができます。

・表情筋のストレッチ
たるみ毛穴は肌全体のたるみにより引き起こされます。顔の表情筋は、皮膚に直接ついているので、顔の筋肉も鍛えなければ外側の皮膚や皮下脂肪はたるんでいく。それを改善するのに効果的なのが表情筋のストレッチです。それぞれの筋肉が動く範囲一杯に動かす、ストレッチによる効果で体温調節や血液循環、新陳代謝を促すことが大切になります。

自宅や美容皮膚科で行うレチノールケア!

レチノールとレチノイン酸の違いですが、レチノールを肌に浸透しやすい形にした誘導体がレチノイン酸です。 ちなみにレチノールはビタミンAですからレチノイン酸はビタミンA誘導体ということでもあります。覚えておくと役立つと思います。

美容皮膚科などではレチノイン酸を配合したクリームやゲルを処方されます。これを1日1回の頻度で使って3~6か月程度様子をみます。 主にヒアルロン酸注射などが使えない目元のシワ・たるみ対策に使われますが、毛穴ケアに使っても何ら問題はありません。

ただし、化粧品のレチノールでさえ強力なものものをさらに強力にしたのがレチノイン酸であり、レチノイン酸は医薬品になります。 ですから、必ず医師の指導の元に使用し、決められた使用方法をしっかりと守って使う必要があります。

使う量や濃度が肌に合っていないと赤みや皮むけを起こしたり、最悪、肌に炎症が起こり色素沈着します。

まず化粧品に含まれているレチノールを使ってみて、問題なく使えるけれどイマイチ効果を感じないという場合にレチノイン酸を使うというのが正しいステップではないかな?と思います。

気になるレチノイン酸ケアにかかる費用ですが、1か月分で5000円未満です。保険は効きません。

コメントを残す