イマドキハイジニーナ脱毛のメリットやデメリットとは?

is_w320_h220_ph01

女性向けサイトや美容サロンなどを詳しくチェックしていくと、ハイジニーナ脱毛という表記がされていることに気付いた方も少くないのではないでしょうか!?

 

デリケートゾーンの脱毛であることはわかりますが、実際にどのような脱毛方法か理解している方も少ないでしょう。

ここでは「ハイジニーナ」とは何なのか?や、ハイジニーナ脱毛のメリット・デメリット、ハイジニーナに対する男性の意見などについて詳しく説明します。

 

ハイジニーナという言葉の由来

ハイジニーナとは、衛生を意味する英単語hygiene(ハイジーン)から生まれた和製英語で、光脱毛や医療レーザー脱毛でアンダーヘアを永久、あるいは半永久的に全て処理し、無毛にした状態を指します。

アンダーヘアが全く生えていない状態のことを、俗に「パイパン」と言うこともあります。しかし、これはアダルト関係や性風俗関係で使われることが多いため、美容関係者らがハイジニーナという言葉を生み出し、使用されるようになったと言われています。

ちなみに、VIOやアンダーヘアという言葉も和製英語です。アンダーヘアの正しい英語は“pubic hair”となります。

また、ハイジーナと誤記されていることもありますが、正しくはハイジニーナなので、注意してください。

ハイジニーナ脱毛のメリットやデメリット

ハイジニーナ脱毛のメリットは基本的にVIO脱毛と同じといえます。しかし、完全に毛を処理してしまうので、より求める効果は大きいと言えるでしょう。

  • 下着や水着でもアンダーヘアがはみ出る心配がない
  • 衛生状態に優れている
  • アンダーヘアーが無駄に落ちない

 

こうしたメリットがあるのはイマドキのっ女性っぽいといえばそうですよね。

 

逆にデメリットとしては

  • 年齢とともに見た目の苦痛、黒ずみが目立つ
  • おりものなどのかぶれが起こりやすい
  • 人の視線が気になる

 

などでしょうか。今は美容エステなどで行える施術も人気ですが、デリーモなどのセルフで行うプチ除毛ハイジニーナも人気がありますよ。

コメントを残す